シャーマニズム(Shamanism)とは、大きな意味では、意識を特殊な儀式を通して、意識を拡大させて、様々なメッセージを受信したり、ヒーリングを行ったり、意識を別の動物やモノに移動させる事を指す言葉で、その儀式を行う人の事をシャーマンと呼ばれています。歴史的には30,000年以上前から続いていると言われており、シャーマンという言葉は今のシベリアからモンゴル北部に暮らしている人が使っているツングース語から来ていると言われています。シャーマンは世界の様々な文化に存在しています。日本ですと、神道の神主や巫女、沖縄のユタ、ネイティブアメリカンの民、南米の部族、ラップランドのシャーマン、アフリカの民族、ヨーロッパの民族、アボジニの民など様々な文化に存在しています。

 

また、狭い意味では、シャーマンという特殊な存在にならなくても、特殊な儀式を通して、強制的に意識を拡大させ、多次元的な意識の領域を味わうこともシャーマニズムと呼ばれます。

 

アウェイクニングプログラムでは、最終的にこのシャーマニズムの儀式を受けていただきます。そして、全てが生み出されている創造の源と呼ぶ領域や多次元的な領域へと意識を拡大していただき、その視点からよりよい人生を創造していただきたいと思います。しかし、シャーマニズムの儀式は、様々なリスクがあります。プログラムを通して、シャーマニズムの儀式を受ける上で邪魔になるブロックや葛藤をリリースさせ、安全にシャーマニズムの儀式を体験してただけるプログラムとなっております。

 

(C)World Blue. 2018.