アートの神髄に触れた意識の旅

意識の旅が始まる。

 

意図はアートや創造力、美術の神髄を知ること。

 

目の前にはスケッチブックと色鉛筆を用意している。

 

シャーマニックリチュアルが始まると、いつものように五感が明晰になり、あらゆる感覚が一つに繋がってくる。

 

心身は完全なリラックス状態で、とても気持ちがよい。

全身が恍惚状態。

 

更に意識が拡大しているのが分かる。

 

「アートとは何?」「創造性とは何?」

 

意図を想うと、世界中が様々な幾何学になってくる。

色とりどりの鮮やかな世界に包まれている。

 

色鉛筆を使い、スケッチブックに表れている絵に色を塗り始めていた。

 

「あれ?既に絵が完成しているじゃないか!」

 

まだ何も描いていないのに、既に絵が完成していた。

 

抽象画のようなマンダラのような絵がそこに現れていた。

 

そこに現れている色を色鉛筆で塗り始めるが、意味が無い事に気付く。

 

どんな色で塗っても同じ色になっているからだ。

 

黒のペンに持ち替えて、表れている模様を描くと、黒で描いている線が虹色に輝いている。

 

色鉛筆を使う必要性が無かった。

 

夢中に表れている模様や幾何学、形を描いていくと、

至福に包まれ始め、何も描けなくなる。

 

描く必要性が無い感覚。

 

僕自身が描いていた模様や色と一体化しているのだ。

 

絵と僕は同じだった。

 

何の区別も無く、一つの表現になっていた。

 

気付くと、空間や音も僕と同一化している。

 

やがて、一つの点、砂粒、一点の光になり、僕はその中で完全に消えた。

 

「僕」「私」という概念が無くなった。

それだけではなく、あらゆる意味や概念が無く、言葉で表現すれば単に至福しかない。

 

でも、森羅万象の全てがある事も分かる。

何も無いけど、全てがある。

 

しばらくその状態にいると、徐々に衝動が表れてくる。

 

この世界を創造しはじめている。

 

再び、色や形、模様が表れ、僕という「個」が使えるようになる。

 

そして、時空が作られ、体の中に戻り、再び世界を認識始めた。

 

創造性、アート、美術の神髄。

 

それは、紛れもない「私」の表現だった。

 

絵を描くと想った瞬間に、既に絵は完成しているのだ。

 

意図が結果として現れる。

 

ただ、この世界には体があり、時空がある。

 

既に意識の中で完成している絵を、体を使って表現して描くという行動。

ここが難しくもあり、面白いポイントだと気付いた。

いろんな色を使ったり、道具を使ったり、画材を使ったり、パソコンを使ったり、いろんな工夫をしてインスピレーション、創造の世界を形作ること。

それが表現活動であり、生きる事にも繋がっている。

 

下手とか、上手いという二元性の評価は意識の世界から見れば意味が無い。

 

ただ、自由に描くだけで、私の本質が放射する。

 

アートの神髄は、源の表れだった。

Follow me!

シャーマニックジャーニー動画受講

シャーマニズムの基礎から実際の体験までをご説明するイベント「シャーマニックジャーニー」を無料で動画受講いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です