スピリチュアルな存在と出会った体験と衝撃的なオチ

意識の旅が始まる。

 

このシャーマニックリチュアルを体験する前、

僕はスピリチュアルな存在に期待をしていた。

いわゆる、スピリチュアルな存在、高次の存在、スピリットガイド、天使存在とのコンタクトだ。

 

 

「そんな存在と出会う事ができたら面白いだろうな」

「色とりどりのエネルギー体なんかが見えたらいいなぁ」

 

そんな気持ちを持っていた。

 

意識の旅が始まり、空間が歪み始める。

 

今まで生きてきた三次元的世界が一つの映画のような、別のストーリーだったような、そんなフィーリングに包み込まれる。

 

すると、僕の視界の外、両目の周辺視野の辺りから目の前に向かって、徐々に様々な存在を感じ始める。

 

着物を着ているような存在、羽を広げているような存在、光の存在など、たくさんの存在達が手を取り合って僕の周りを囲い始める。

不思議と目を開けていても閉じていても同じ光景になっている。

 

そして、ある存在が僕の後ろに来て、一緒に呼吸をしてくれている。

僕は、その呼吸のリズムに意識を合わせて、一緒に呼吸をする。

 

「あー、呼吸をしていれば、大丈夫なんだ。」

「呼吸が生きる答えなんだ」

という気持ちが沸き上がる。

 

実は、この存在達が表れる前、僕は死に対する恐怖を感じていた。

意識が拡大するにつれて、心臓の鼓動が高まると同時に、意識が今までは異なり、

自ずと「怖さ」が究極的に沸き上がってきていた。

 

しかし、存在による呼吸によって、僕は安心と確信を得ていた。

 

呼吸が答えだった。

 

呼吸を意識的にしていれば、自分の中心というものとのタッグが強くなり、

大きな木になって、どんな強風が吹いても倒れない状態になれ、満足するという確信を得た。

 

感謝の気持ちが溢れた。

 

意識がどんどんと拡大しているのが分かる。

 

 

あれ!

 

 

次の瞬間衝撃が走った。

 

 

存在達と僕という存在が一つに繋がってきている!

 

 

「僕自身が存在達を創っていたんだ!」

 

全ての存在が一つの表現になり、その表現の中に「私」という個も融合しはじめていた。

 

気付くと、現実的に出会ってきた人全てが自分の表現になっていた。

 

私は他者であり、他者は私であると知った衝撃的な瞬間だった。

 

Follow me!

シャーマニックジャーニー動画受講

シャーマニズムの基礎から実際の体験までをご説明するイベント「シャーマニックジャーニー」を無料で動画受講いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です