そして僕は木になり全てとの縁を知った

意識の旅が始まる。

 

徐々に意識が変容していくのが分かる。

 

最初は現実世界がクリアーになり、落ち着いてくる。

 

深いリラックス状態になっているのが認識できる。

 

まだエゴがあって、「私」を認識できている。

 

徐々に意識が拡大していくと共に、時空が歪み始める。

 

時空はスパイラル状になっている。

 

世界は螺旋。

 

それと同時に、空間がレイヤー状に分裂していく。

様々な層が重なってる。

 

それはまるでしっかりと作られているバウムクーヘンが一層づつバラバラになっていくような感じである。

 

一つの層には一つの世界がある。

 

その層は全てが同時に存在していて、全体を作っている。

 

そして、一つの層と層がネットワーク構造にリンクしている。

 

その瞬間、僕の意識全体がネットワーク構造そのものになっている。

 

どの方向を見てもネットワークがある。

 

全てが繋がっている。

 

もはやどこが中心だとか、外だとか、中だとか、そんな概念は存在していない。

 

そのネットワークは永遠に枝分かれして伸びているように感じた。

 

僕は木になっていた。

 

それは無限に成長し続ける木。

 

枝分かれが始まり、更にその枝から枝が生まれていく。

 

木は木として満足している。

 

永遠のスパイラルであり、永遠のループ。

 

全てがパワーで満ちていた。

 

強いとか弱いとか、そんな概念も無い。

 

永遠にパワフルなのだ。

 

永遠の力。

 

永遠のパワー。

 

 

この世界に意識が戻ってきて思い出したこと。

 

それはケルトの生命の樹。

 

全てが繋がっていて、全てがパワフル。

 

 

 

そのパワーは意図としてこの世界では機能しているように感じた。

 

意図をすることで、枝が作られ、それがネットワーク上に様々な枝と繋がっていく。

 

人との縁、土地との縁、自然との縁、地球や宇宙との縁、時との縁。

 

ネットワークは縁であり、永遠に円を描くように繋がっている。

 

誰も孤独にはなれない。

 

縁というネットワーク構造のシステムの中で私たちは生きている。

Follow me!

シャーマニックジャーニー動画受講

シャーマニズムの基礎から実際の体験までをご説明するイベント「シャーマニックジャーニー」を無料で動画受講いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です